プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成です <カラー・種類・加工・塗装・東京>

日本語 | English English

プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成

For The Future of Plastic.
特色ある提案でユーザーニーズに対応。
特色ある提案でユーザーニーズに対応。
いかなる困難に直面しても、それらを新鮮な市場テーマととらえ問題解決に迅速に取り組んでまいります。この気持ちをOPEN-KICK=”勇気ある挑戦”と名付けて社名に託しました。樹脂用着色剤とその新素材の開発を情報技術(IT)にネットしたコンセプトを以て、2000年紀に向けて出発いたしました。
環境問題と地域ユーザーに密着したサービス(知恵)とスピード(対応力)を主題といたし、時代に適合した商品開発と人材開発に一層注力いたしましてご要望にお応えします。

概 要
オーケー化成株式会社
設立年月日 1968年2月20日  
資 本 金       2億5,200万円    
従業員数       185名    
役   員       代表取締役 社長   乾 友守
        代表取締役 副社長   亀井 昭夫
      取締役   二橋 篤義
        監査役   岩井 賢治
        監査役   林 晶子
     
        執行役員   木戸 衛
          (2017年2月現在)
取引銀行       三菱東京UFJ銀行    
        みずほ銀行    
        池田泉州銀行    
        日本政策金融公庫    
所 在 地       本社工場・営業本部・デザインルーム   〒566-0052 大阪府摂津市鳥飼本町3丁目4番35号
TEL : 072-654-8484(代) FAX : 072-654-8489
        中部工場・中部営業所・デザインルーム   〒511-0839 三重県桑名市安永975番地
TEL : 0594-24-1781(代) FAX : 0594-24-1782
        関東工場・関東営業所   〒347-0111 埼玉県加須市鴻茎3201番2号
TEL : 0480-73-7801(代) FAX : 0480-73-7802
        大阪営業所/デザインアーカイブ   〒540-0003 大阪市中央区森ノ宮中央2丁目11番21号
TEL : 06-6941-7908(代) FAX : 06-6947-1677
        東京営業所・デザインルーム   〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2丁目17番18号
クリスタルビル9階
TEL : 03-5297-7035(代) FAX : 03-5297-7036
        東京デザインルームアネックス   〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2丁目19番
クレセールビル1階
        北陸営業所・デザインルーム   〒930-0834 富山県富山市問屋町1丁目1番8号
TEL : 076-452-3616 FAX : 076-452-3617
        福岡営業所・デザインルーム   〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目1番1号
日本生命博多駅前第2ビル6階
TEL : 092-432-5454 FAX : 092-432-5455

ページの先頭へ戻る

事業所案内
本社工場・営業本部・デザインルーム
本社工場・営業本部・デザインルーム
〒566-0052 大阪府摂津市鳥飼本町3丁目4番35号
TEL : 072-654-8484(代)
FAX : 072-654-8489
アクセス方法
※本社・本社工場までの詳しいアクセス方法も
ご覧いただけます。

中部工場・中部営業所・デザインルーム
中部工場・中部営業所・デザインルーム
〒511-0839 三重県桑名市安永975番地
TEL : 0594-24-1781(代)
FAX : 0594-24-1782
アクセス方法

関東工場・関東営業所
関東工場・関東営業所
〒347-0111 埼玉県加須市鴻茎3201番2号
TEL : 0480-73-7801(代)
FAX : 0480-73-7802
アクセス方法

大阪営業所
大阪営業所
〒540-0003 大阪市中央区森ノ宮中央2丁目11番21号
TEL : 06-6941-7908(代)
FAX : 06-6947-1677
アクセス方法

東京営業所・デザインルーム
大阪営業所
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2丁目17番18号
クリスタルビル9階
TEL : 03-5297-7035(代)
FAX : 03-5297-7036
アクセス方法

東京デザインルームアネックス
大阪営業所
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2丁目19番
クレセールビル1階
アクセス方法

北陸営業所・デザインルーム
北陸営業所
〒930-0834 富山県富山市問屋町1丁目1番8号
TEL : 076-452-3616
FAX : 076-452-3617
アクセス方法

福岡営業所・デザインルーム
福岡営業所
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前4丁目1番1号 
日本生命博多駅前第2ビル6階
TEL : 092-432-5454
FAX : 092-432-5455
アクセス方法

オーケーカラーアメリカコーポレーション
オーケーカラーアメリカコーポレーション
578 Amapola Avenue Torrance, CA 90501
TEL : 310-320-9343
FAX : 310-320-9474
URL : http://www.okcoloramerica.com/
アクセス方法

沃凱化成工業(上海)有限公司
沃凱化成工業(上海)有限公司
200245 上海市閔行経済技術開発区文井路451号
TEL : 021-64623823
FAX : 021-64623978
アクセス方法

オーケー化成(タイ)
オーケー化成(タイ)
700/244 Moo 1, BanKao, Phanthong, Chonburi
20160 (Amata Nakorn Industrial Estate)
TEL : 038-465001
FAX : 038-465002
アクセス方法

ページの先頭へ戻る

関連会社
オーケーファスト株式会社
所 在 地       本社   〒566-0052 大阪府摂津市鳥飼本町3丁目4番35号
TEL : 072-654-8484(代) FAX : 072-654-8489

オーケーカラーアメリカコーポレーション
所 在 地       本社
(ロセンゼルス工場)
  578 Amapola Avenue Torrance, CA 90501
TEL : 310-320-9343(代) FAX : 310-320-9474
URL : http://www.okcoloramerica.com/

沃凱化成工業(上海)有限公司
所 在 地       本社   200245 上海市閔行経済技術開発区文井路451号
TEL : 021-6462-3823 FAX : 021-6462-3978

OK KASEI(THAILAND)CO., LTD.
所 在 地       本社   700/244 Moo 1, BanKao, Phanthong,
Chonburi 20160(Amata Nakorn Industrial Estate)

TEL : 038-465001(代) FAX : 038-465002

ページの先頭へ戻る

沿 革
1966年 5月 プラスチック用着色剤の草分輸入商品の取扱いから国産商品の開発までを
手掛けた着色技術をもって 現大阪市中央区森ノ宮に創業
1968年 2月       プラスチック用着色剤をベースにプラスチック製品開発を目指し
資本金150万円でオーケー化成株式会社を設立(現大阪営業所)
1972年 5月       大阪府高槻市に工場完成稼働 資本金1,000万円に増資。
1974年 2月       販売・製造部門の強化を実施 着色剤の需要に伴い設備増強
資本金2,000万円に増資
1978年 5月       顆粒状着色剤(グラニューカラー)の開発・販売
資本金3,000万円に増資
1980年 2月       本社摂津工場第一期工事完成稼働(高槻工場より移転)増設に伴い資本金4,000万円に増資
1982年 2月       マスターグラニュの開発・販売 資本金5,000万円に増資
1984年 3月       本社工場第二期工事 B棟社屋完成
9月       東京オーケー化成(株)設立(東京都神田) 資本金1,000万円
1985年 3月       本社機構を摂津市に移転(旧本社は大阪営業所に)
6月       埼玉県川口市に東京工場完成稼働
1986年 6月       本社工場第二期工事 C棟社屋完成
1987年 3月       大阪中小企業投資育成(株)より資本受入れ
1988年 6月       本社工場第四期工事 D棟社屋完成
7月       東京オーケー化成(株) 川口市飯塚へ新工場移転
1989年 10月       マーブル調模様着色剤プレイカラー特許取得(国内、米国、EC等)
11月       本社工場第五期工事 E棟社屋完成
12月       資本金7,000万円に増資
1990年 7月       三重県桑名市に中部営業所・ラボ開設
1991年 2月       資本金9,500万円に増資
1992年 5月       中部工場完成稼働 研究開発工場としての新製品の開発とプレイカラーを中心とする生産増強
1993年 3月       中部工場第二工場完成・設備増強
1994年 4月       東京オーケー化成(株)の工場・営業をオーケー化成(株)に統合
東京オーケー化成(株)よりオーケーファスト(株)に社名変更
6月       オーケーカラーアメリカコーポレーション(O.C.A.CORP.,)
米国ロサンゼルスに設立 資本金$45万研究開発型ラボ設立
7月       本社A棟増設(多目的ホール完成)
1995年 4月       プラスチック用洗浄剤「ファストクリーン」特許出願・取得
5月       機能性樹脂高濃度MB 開発・製造・販売
9月       特殊メタリック用高濃度MB 開発・製造・販売
1996年 1月       本社 技術研究室・試験研究機器類導入
7月       O.C.A.CORP., (米国ロサンゼルス) 資本金$145万増
11月       O.C.A.CORP., (米国ロサンゼルス) 新工場完成稼働
1997年 2月       本社 最新式大型粉体自動計量装置導入
1998年 6月       資本金1億4,250万円に増資
6月       埼玉県騎西町藤の台工業団地に関東工場竣工移転
9月       高濃度MBに伴いファストカラー自動計量装置開発・販売
1999年 3月       本社工場内に新素材研究開発室完成 設備機器導入
2000年 4月       自社ホームページ開設 URL http://www.ok-kasei.co.jp
12月       ISO9001認証取得(本社工場)
2001年 11月       大阪営業所内にデザインルーム(第1号)を開設
2001年 12月       ISO9001認証取得(関東工場・中部工場)
2002年 4月       資本金2億1,000万円に増資
2003年 8月       沃凱化成工業(上海)有限公司 完成稼働開始
2004年 2月       沃凱化成工業(上海)有限公司 開所式
10月       東京中央区日本橋に東京営業所・デザインルーム開設
12月       ISO14001認証取得(国内全工場、全事業所)
2005年 7月       資本金2億5,200万円に増資
 9月       関東工場増床
 11月       沃凱化成工業(上海)有限公司 資本金220万ドルに増資
2006年 3月       本社デザインルーム開設
12月       ISO9001認証取得(OCA)
2007年 7月       OCA事業強化
9月       人材育成のための本社研修開始
12月       上海事業強化
2008年 2月       創立40周年
5月       OCA資本金160万ドルに増資
2010年 1月       東京営業所/デザインルーム移転開設(千代田区神田)
2011年 1月       福岡営業所/デザインルーム新設(福岡市博多区)
2012年 4月       本社デザインルームを、関西デザインセンターにリニューアル
2013年 1月       大阪営業所を大阪営業所/デザインアーカイブとしてリニューアル
2013年 2月       創立45周年
2013年 11月       北陸営業所/デザインルーム新設(富山県富山市)
2014年 8月       OK KASEI(THAILAND)CO., LTD. 設立(タイ) 資本金 THB 3250万

ページの先頭へ戻る

提案営業力
最適の色を提案するために、お客様とのコミュニケーションを大切にしています。
CCM(Computer Color Match)を利用し何十万色にもおよぶデータから求めている色の近似値を検索。カラーイメージを絞り込み、要望されている色をオーダーメイドいたします。また、その他各種テクニカルサポート、アドバイスを通じ、顧客満足度の向上に努めています。

ページの先頭へ戻る

技術開発力
営業部との連携によりユーザーの課題を解決する新製品をタイムリーに開発。
独自の発想と技術力で、プラスチックの新たな可能性を開拓します。
インターネットを利用した調色データベース化でお客様に対するクイックレスポンスを向上させました。さらに近年利用の増えたPET樹脂に対応した着色剤も精力的に開発しています。今後も情報の共有化を進め、最適の技術をタイムリーに提供します。

ページの先頭へ戻る

品質・生産管理
ISO9001、ISO14001を認証取得。お客様の立場に立った品質管理を目指します。
受注から納品までの各プロセスをルール化することで、品質管理の過程を徹底しました。さらに環境面では、蛍光X線分析装置を用いて有害物質の管理に取り組み、お客様に付加価値の高い製品を供給しています。