プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成です <カラー・種類・加工・塗装・東京>

日本語 | English English

プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成

流行色

2018年春夏 | 2017年秋冬 |
2017年春夏 | 2016年秋冬 | 2016年春夏 | 2015年秋冬 | 2015年春夏 | 2014年秋冬 | 2014年春夏 | 2013年秋冬 |
2013年春夏 | 2012年秋冬 | 2012年春夏 | 2011年秋冬 | 2011年春夏 | 2010年秋冬 | 2010年春夏 | 2009年秋冬

Ⅰ. サイレント・エコ

1.ミント・グレー
(ltg15)
2.ミスト・グリーン
(ltg10)
3.ミッドナイト・ブルー
(g18)
4.マイルド・ブルー
(sf15)
5.ジャングル・グリーン
(dk14)

Ⅱ. ピーチ・スキン

6.ベビー・ホワイト
(W)
7.パウダー・ベージュ
(p7)
8.ピーチ・スフレ 
(p6)
9.シェル・ピンク
(p4)
10.ローズ・ベージュ
(ltg5)

Ⅲ. ビンテージ・ワイン

11.トースト・グレー
(dkg8)
12.カシス
(dkg5)
13.ガーネット 
(dkg24)
14.クランベリー 
(dk2)
15.ハイビスカス・レッド 
(dp2)

Ⅳ. ハーベスト・ツリー

16.シナモン・ブラウン
(dk7)
17.ゴールデン・ハーベスト
(s6)
18.マスタード
(d7)
19.ラスティック・オリーブ
(dk10)
20.ローレル・リーフ
(dkg11)

Ⅴ. エキゾチック・フルーツ

21.マンダリーナ
(s3)
22.ゲイラローズ
(s24)
23.プラム
(v22)
24.オリエンタル・プラム
(dp22)
25.ニンフ・グリーン
(b12)

プリント
ページの先頭へ戻る

トレンドカラー情報 Trend color information

インターカラーとは、1963年に発足した国際流行色委員会(INTERNATIONAL STUDY 
COMMISSION FOR COLOR)という世界でただひとつの機関が選定する国際間での流行色のことを指す。

「Experimentalism(実験心)」閉塞感の支配する経済状況に連動するかのごとく、内向的な意識がカラー傾向にも反映。自己の内面を見つめるかのような穏やかで安心感のあるトレンドが増加。リアルクローズを思わせる、リラックス志向の高まりを感じるシーズン。
引き続きエコロジー意識の重要性が強調され、それをグリーンとブルーの色に選定。配色では、色みのあるダークカラーとパワフルなブライトカラーのコントラストが注目。

国際流行色委員会加盟に際しては、各国を代表する営利を目的としない公益的な色彩団体、1団体に
限るという規定があり、日本からは創立当初よりJAFCA(ジャフカ)が代表としてインターカラーに登録されており、そのJAFCAが選定した日本での流行色やその傾向こと。

「Emotionalism~心しなやかに」人間的な情感(エモーション)と「エコロジー」に焦点を当て選色。
柔らかなペール&ライトトーンを重視。
ブルーグリーン・レッド・ピンク・コーラル系・ブラウン系・オレンジ・パープル系が注目。

色の配合、濃淡・強弱などの調子。色の属性。

ペール|ライトグレイッシュ|グレイッシュ|ダークグレイッシュ|ソフト|ダル|ダーク|ブライト|ストロング|ディープ|ビビット

不景気の中、生活意識は急速に、現実志向へと向かっている。
このような意識下では、無理・無駄のない保守的な購買態度が強まる。色彩的にも、無駄をしない色である白・黒・グレイ・ベージュ・ブラウン系など、着回しの利くベーシックカラーが台頭するだろう。堅実志向が強いだけに、そのバランスを取る上で、蛍光色・ブライトカラー・マルチカラーなどの楽しく夢のあるカラーを対比させる。