プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成です <カラー・種類・加工・塗装・東京>

日本語 | English English

プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成

流行色

2018年春夏 | 2017年秋冬 |
2017年春夏 | 2016年秋冬 | 2016年春夏 | 2015年秋冬 | 2015年春夏 | 2014年秋冬 | 2014年春夏 | 2013年秋冬 |
2013年春夏 | 2012年秋冬 | 2012年春夏 | 2011年秋冬 | 2011年春夏 | 2010年秋冬 | 2010年春夏 | 2009年秋冬

Ⅰ. フロスト・カラー

1.アイボリー・ホワイト
(W)
2.シャワー・グレー
(ltg11)
3.ピンク・ベージュ
(ltg5)
4.グレー・ベージュ
(ltg7)
5.シルバー・グレー
(Gy-7.5)

Ⅱ. パウダー・ティント

6.パステル・ライラック
(p20)
7.ベビー・ピンク
(p2)
8.ピーチ・スフレ
(p6)
9.プリマベラ
(lt9)
10.アイス・グリーン
(p13)

Ⅲ. ステーブル・カラー

11.ガーネット
(g2)
12.トルネード・ブルー
(dkg18)
13.グリーン・ブロンズ 
(g8)
14.エクリュ
(ltg6)
15.カパー・オレンジ
(sf5)

Ⅳ. サザン・ガーデン

16.ゴールデン・ハーベスト
(v6)
17.チェリー・フィズ
(b24)
18.ニンフ・グリーン
(b12)
19.ヒアシンス・ブルー
(b19)
20.ビショップ
(s21)

プリント
ページの先頭へ戻る

トレンドカラー情報 Trend color information

インターカラーとは、1963年に発足した国際流行色委員会(INTERNATIONAL STUDY 
COMMISSION FOR COLOR)という世界でただひとつの機関が選定する国際間での流行色のことを指す。

今季カラーグループは5つ。
①リアリティー・ナチュラル・マテリアル(現実・自然な・触れる素材)自然素材の持つ穏やかな色・風合い・触感を強く意識したベーシックカラー。
②スロー・レス・ノーマリティー(ゆっくり・減らす・普通)ごくありふれた普段の色。
③アーティフィス・テクノ・インマテリアル(技巧的な・ハイテク・触れない素材)透明・半透明のレイヤードで強い色を和らげたり、メタリックやパールなどの光干渉作用などで仕上げた色。
④ドリーム・プレシャスネス(夢・高価な物)柔らかなライトパステルカラー。
⑤ダイナミック・スーパー(動的な・余剰)大胆なレジャー・スポーティブカラー。
今シーズンの特徴は、「静」と「動」の互いに相反するイメージが併存。
「静」の傾向を示す色使いとして、「白=ホワイト」「白くする=ホワイトニング」が重要視されています。全ての色の原点としての白の重視。

国際流行色委員会加盟に際しては、各国を代表する営利を目的としない公益的な色彩団体、1団体に
限るという規定があり、日本からは創立当初よりJAFCA(ジャフカ)が代表としてインターカラーに登録されており、そのJAFCAが選定した日本での流行色やその傾向こと。

「Enjoy the process ~ My color recipe ~」プロセスを楽しむ。
今シーズンのJAFCAカラーは、相反する事象から構成されたインターカラーのコンセプトを継承。新たな色の効果を作り出すプロセスを楽しむカラーグループを提案。再び、落ち着きのある色を中心に構成。

色の配合、濃淡・強弱などの調子。色の属性。

ペール|ソフト|ライトグレイッシュ|ダル|グレイッシュ|ブライト|ダークグレイッシュ|ストロング|ライト|ビビッド

今季の特徴は、これまでにも増して明るい色、思い切った大胆な色です。
その理由は、厳しい現実に追われている世界から離れ、夢のある気分を味わいたい、そんな意識を反映。
ブラウン系、ダークブルー~オリーブ、白、グレイの定番に、夢のある楽しいカラーをどう組み合わせるかがポイントになります。