プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成です <カラー・種類・加工・塗装・東京>

日本語 | English English

プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成

流行色

2019年春夏 | 2018年秋冬 | 2018年春夏 | 2017年秋冬 |
2017年春夏 | 2016年秋冬 | 2016年春夏 | 2015年秋冬 | 2015年春夏 | 2014年秋冬 | 2014年春夏 | 2013年秋冬 |
2013年春夏 | 2012年秋冬 | 2012年春夏 | 2011年秋冬 | 2011年春夏 | 2010年秋冬 | 2010年春夏 | 2009年秋冬

Ⅰ. ブラックレジェンド

1.シャドーブラック
(Bk)
2.ノクターン
(dkg20)
3.マジック・ブルー
(dp14)
4.オリーブ・グリーン
(dkg8)
5.ディープ・パープル
(dk22)

Ⅱ. ハロウィン・スウィーツ

6.チェリーレッド
(dp2)
7.ローズヒップ
(v24)
8.パンプキン・オレンジ
(v4)
9.ラズベリー
(dp24)
10.ヘーゼル・ナッツ
(dp6)

Ⅲ. ミステリアス・ウッズ

11.シナモン
(d4)
12.フォックス
(s6)
13.ドライ・ハーブ
(g8)
14.シャトー・グレー
(ltg8)
15.フォグ・ローズ
(ltg4)

Ⅳ. ナノ・ライト

16.エア・ブルー
(p18+)
17.プリズム
(b9)
18.プリンセス・ピンク
(p6)
19.バイブレーション
(p24+)
20.ブリーゼ・グリーン
(ltg12)

プリント
ページの先頭へ戻る

トレンドカラー情報 Trend color information

インターカラーとは、1963年に発足した国際流行色委員会(INTERNATIONAL STUDY 
COMMISSION FOR COLOR)という世界でただひとつの機関が選定する国際間での流行色のことを指す。

「The Color Flow for the future」(未来のためのカラーフロー)をテーマに、インターカラーのパレットはグループ分けがなく、フローのようなカラーが並んでいるのが大きな特徴。サークル上にあるカラーを自由に取り出し、既成概念にとらわれず、「今までにない新しい未来の色を創って欲しい」という意図が込められています。
今季は「中庸、適度な刺激」を表現するより穏やかなムードへと移行。
一見すると、はっきりと主張するような明快な色合いが多いように見えますが、色相と色相をつなぐように配置された低彩度色が、今季の「中庸」を表現するための重要な役割を果たしています。

国際流行色委員会加盟に際しては、各国を代表する営利を目的としない公益的な色彩団体、1団体に
限るという規定があり、日本からは創立当初よりJAFCA(ジャフカ)が代表としてインターカラーに登録されており、そのJAFCAが選定した日本での流行色やその傾向こと。

「Hyper Authentic ハイパー・オーセンティック ~伝統を超えて~」テーマには、これまでルール崩し、ルール壊しがつづいてきたファッションが正統派感覚へシフトしている動きをとらえています。
単なる保守的な正統派というのではなく、正統をベースにキッチュな要素、毒気を含んで「新しい正統派」とでも言うべき雰囲気を目指しています。原点回帰と未来をつなぐ新たな価値観「ポストクラシック」が登場。

色の配合、濃淡・強弱などの調子。色の属性。

レッド|バイオレット|ピンク|パープル|オレンジ|ブラウン|イエロー|グレイ|グリーン|ブラック|ブルー|ゴールド

“明るい未来を創る色”というメッセージのもと、柔軟な発想で変化を起こす楽しさが、提案色には込められています。今シーズンは、グレイというよりも黒に近いブラキッシュカラーのグループと、霞がかったようなぼんやりしたカラードニュートラルのバリエーションが中心に。
深みのある赤やオレンジ、グリーン、ターコイズといったディープカラーをアクセントに使うことで、新しさを表現しています。