プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成です <カラー・種類・加工・塗装・東京>

日本語 | English English

プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成

流行色

2018年秋冬 | 2018年春夏 | 2017年秋冬 |
2017年春夏 | 2016年秋冬 | 2016年春夏 | 2015年秋冬 | 2015年春夏 | 2014年秋冬 | 2014年春夏 | 2013年秋冬 |
2013年春夏 | 2012年秋冬 | 2012年春夏 | 2011年秋冬 | 2011年春夏 | 2010年秋冬 | 2010年春夏 | 2009年秋冬

Ⅰ. ルージュ

1.スカーレット
(v2)
2.ラズベリー・レッド
(dp24)
3.マザー・ブラウン
(dk2)
4.カシス
(dk22)
5.ブラック
(Bk)

Ⅱ. フローズン・ウォーター

6.オイスター・ホワイト
(offN-4)
7.サマーシャワー
(p16)
8.ネビューラー・グレー
(Gy-6.5)
9.パウダー・ベージュ
(FL-4)
10.シャンピニオン
(g8)

Ⅲ. レトロ・モダン

11.ペリドット
(v8)
12.ジンジャー・タン
(dk6)
13.ディープ・マホガニー
(dkg2)
14.ピーコック・ブルー
(sf16)
15.モス・グリーン
(dk10)

プリント
ページの先頭へ戻る

トレンドカラー情報 Trend color information

インターカラーとは、1963年に発足した国際流行色委員会(INTERNATIONAL STUDY 
COMMISSION FOR COLOR)という世界でただひとつの機関が選定する国際間での流行色のことを指す。

「Transition(トランジション)変移-共存・双方向性」をカラーテーマに、色と色の関係がつながることで生まれる変移に着目。猛スピードで変化する時代背景を意図した微妙に色みが変化していく3つのカラーグループが選定。
①クールな変移:純白を中心に、淡いイエロー・グリーン・ブルーの濃淡構成。
②ダークな変移:ダークグレイッシュカラーとカラードブラックとの間に光の効果としてアクセントのイエローを選定。
③炎の変移:レッドのグラデーションにカーキ・オリーブを加え、深みのある色調への変移を表現。

国際流行色委員会加盟に際しては、各国を代表する営利を目的としない公益的な色彩団体、1団体に
限るという規定があり、日本からは創立当初よりJAFCA(ジャフカ)が代表としてインターカラーに登録されており、そのJAFCAが選定した日本での流行色やその傾向こと。

「Adoring(アドーリング)深く愛する、敬愛する」という意味で、色の力を使ってより人間らしく生きていこう、幸せを大切にしようという想いを込めています。なんらかの関連性を持たせた配色、にじむようなグラデーション配色、色の魅力を引き立たせコントラスト感を強調した配色など、色のトランジション(変移)=色のつながりに着目したカラーグループを選定。

色の配合、濃淡・強弱などの調子。色の属性。

ペール|ライトグレイッシュ|グレイッシュ|ダークグレイッシュ|ソフト|ダーク|ディープ|ビビッド

安心感を求める市場マインドを受けて、クラシックでぬくもり感のある色合いを中心に選定されています。
なかでも、前へ進む積極性や意欲を内在しながら、成熟感のあるリッチなレッド系が今季の一押しです。