プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成です <カラー・種類・加工・塗装・東京>

日本語 | English English

プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成

流行色

2018年秋冬 | 2018年春夏 | 2017年秋冬 |
2017年春夏 | 2016年秋冬 | 2016年春夏 | 2015年秋冬 | 2015年春夏 | 2014年秋冬 | 2014年春夏 | 2013年秋冬 |
2013年春夏 | 2012年秋冬 | 2012年春夏 | 2011年秋冬 | 2011年春夏 | 2010年秋冬 | 2010年春夏 | 2009年秋冬

Ⅰ. エアリー・カラー

1.プラチナ
(Gy-7.5)

2.ライラック
(lt22+)

3.スプレイ・グリーン
(p14+)
4.プリマベラ
(lt10+)
5.オーロラ
(b8)

Ⅱ. サンド・キャッスル

6.ゴールデン・オーカー
(dp4)
7.シャンピニオン
(ltg6)
8.マスタード
(dp8)
9.オリーブ・グリーン
(g12)
10.ココア・ブラウン
(g2)

Ⅲ. グリーン・アース

11.ガーネット
(dk24)
12.チョコレート・ブラウン
(BR-6)
13.エッグ・プラント
(dk20)
14.プルッシャン・ブルー
(dk16)
15.エスプレッソ
(dkg8)

Ⅳ. エキゾチック・カラー

16.マンゴー
(v7)
17.ブリリアント・オレンジ
(v4)
18.ハイビスカス・レッド
(v1)
19.アップル・グリーン
(b10)
20.パープル・ネイビー
(v19)

プリント
ページの先頭へ戻る

トレンドカラー情報 Trend color information

インターカラーとは、1963年に発足した国際流行色委員会(INTERNATIONAL STUDY 
COMMISSION FOR COLOR)という世界でただひとつの機関が選定する国際間での流行色のことを指す。

「Enchantedエンチャンテッド」(「魔法をかけられた」・「特別な魅力を付加する」)という意味がテーマ。
経済不況の影響が反映され、現実的な色合いを重視した選定傾向となりました。未来への光を意識させるイエローの存在感が際立っています。キーカラーとなるのは、クールで透明感のあるイエローです。このイエローを配色に取り入れることで、今必要とされる「新鮮さ」「楽しさ」「軽やかさ・浮遊感」などを引き出すことにつながります。

国際流行色委員会加盟に際しては、各国を代表する営利を目的としない公益的な色彩団体、1団体に
限るという規定があり、日本からは創立当初よりJAFCA(ジャフカ)が代表としてインターカラーに登録されており、そのJAFCAが選定した日本での流行色やその傾向こと。

「quintessenceクインテッセス」~物事の本質、真の~
quint(5番目の)+essence(要素)、2つの単語が結びついた複合語がテーマです。
今回の選定色には、不安な社会が続いている中で、一人ひとりが自分の本質まで立ち戻り、真の輝きを見つけられるようにといった願いが込められています。また、光を感じる色も重要なキーワードとなっており、太陽の色を表すイエローやゴールド、光に輝く水のブルーなどが表現されています。

色の配合、濃淡・強弱などの調子。色の属性。

ペール|ライトグレイッシュ|グレイッシュ|ダークグレイッシュ|ライト|ダーク|ブライト|ディープ|ビビッド

今季のカラーは、ポジティブな気分を反映して、暖色のカラー群が主役のシーズンです。特徴的なのは、冷たい黄色、酸味のあるパステル等、ポジティブな気分とは逆説的なイメージが同居するカラーが注目されています。また、ゴールドやメタリックが重要性を増し、様々なアイテムで使われています。