プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成です <カラー・種類・加工・塗装・東京>

日本語 | English English

プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成

デザインルームの特徴

2018年秋冬 | 2018年春夏 | 2017年秋冬 |
2017年春夏 | 2016年秋冬 | 2016年春夏 | 2015年秋冬 | 2015年春夏 | 2014年秋冬 | 2014年春夏 | 2013年秋冬 |
2013年春夏 | 2012年秋冬 | 2012年春夏 | 2011年秋冬 | 2011年春夏 | 2010年秋冬 | 2010年春夏 | 2009年秋冬

Ⅰ. ポイズナス

1.ハイパーネイチャー
(b10)

2.ダークネス
(dp16)

3.コズミック
(V18)
4.ビームライト
(蛍光色)
5.パッションオーキッド
(V22)

Ⅱ. ネビュラス

6.ウィンド
(P18)
7.フォギー
(P20+)
8.フォグホワイト
(Off-N7)
9.ベージュフォーム
(P6+)
10.グリーンフロスト
(Gy-7)

Ⅲ. イン・ザ・ダーク

11.スクラブブルー
(dk18)
12.プラネットグリーン
(dkg14)
13.ホットチョコレート
(dkg4)
14.ブラック
(BK)
15.ミッドナイトブラック
(dkg18)

Ⅲ. フューチャー・ラボ

16.リップスティックローズ
(V2/PI5)
17.ネクタリン
(V5/V7)
18.ライブリーグリーン
(It10+/dp14)
19.アルパインスカイ
(V17/P16)
 

プリント
ページの先頭へ戻る

トレンドカラー情報 Trend color information

インターカラーとは、1963年に発足した国際流行色委員会(INTERNATIONAL STUDY 
COMMISSION FOR COLOR)という世界でただひとつの機関が選定する国際間での流行色のことを指す。

カラーテーマは「未来の先を創るための色」を意図し、全体テーマを「Beyond(超越)」としました。
今季の特徴は、争いや悪・毒といった人間の暗い部分をありのままに受け止めようというコンセプトが含まれていることです。暴動や争いごとは単純に善悪で分けられるものではなく、また、その後に融和があるように清濁は表裏一体と言えるでしょう。そこで今回はあえて人間の暗い側面にも焦点を当てています。

国際流行色委員会加盟に際しては、各国を代表する営利を目的としない公益的な色彩団体、1団体に
限るという規定があり、日本からは創立当初よりJAFCA(ジャフカ)が代表としてインターカラーに登録されており、そのJAFCAが選定した日本での流行色やその傾向こと。

インターカラーの傾向を受けて選ばれた国内向けのJAFCAのテーマは「プリズナー・オブ・ライト(光のとりこ)」。 不安定な政治や不透明な先行きの中、未来への道を照らしてくれる「光」は重要なキーワード。 光の色、光を引き立てる色、光を生み出す素材感が重要になります。 カラーパレットは不安な気持ちを包み込むような優しいグレイッシュカラー、暗さと同時に怪しさのあるダークカラーやブラック、そして光のように鮮やかなカラーというグループから構成。

色の配合、濃淡・強弱などの調子。色の属性。

ペール|グレイッシュ|ライト|ダル|ダーク|ブライト|ストロング|ビビッド

「ニュートラル/新しい試み」というイメージのもと、光と陰を象徴するようなカラーが注目されています。
世界的に混迷している状況の中、未来に向かって前進していこうというメッセージを込めて、宇宙を思わせるブルーパープル系と新時代の到来を予感させる明るいイエローグリーン系を中心に4グループ19カラーを選色しました。