プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成です <カラー・種類・加工・塗装・東京>

日本語 | English English

プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成

流行色

2019年春夏 | 2018年秋冬 | 2018年春夏 | 2017年秋冬 |
2017年春夏 | 2016年秋冬 | 2016年春夏 | 2015年秋冬 | 2015年春夏 | 2014年秋冬 | 2014年春夏 | 2013年秋冬 |
2013年春夏 | 2012年秋冬 | 2012年春夏 | 2011年秋冬 | 2011年春夏 | 2010年秋冬 | 2010年春夏 | 2009年秋冬

Ⅰ. ジューシー&ビタミン

1.ポピー
(b4)

2.チェリー
(b2)

3.ミント・グリーン
(p14+)
4.アップル・グリーン
(b10)
5.リーフ・グリーン
(v12)

Ⅱ. フューチャー・ニュートラル

6.シャンパン・ピンク
(offN-8)
7.クリスタル・グレイ
(Gy-8.5)
8.スモーク・グレイ
(offN-14)
9.ヒアシンス・ブルー
(lt20+)
10.パステル・ライラック
(p22+)

Ⅲ. フェードカラー

11.ブリック・レッド
(dp4)
12.オールド・イエロー
(dp8)
13.オールド・ブルー
(sf18)
14.フェード・デニム
(d18)
15.オリーブ・グレイ
(g12)

プリント
ページの先頭へ戻る

トレンドカラー情報 Trend color information

インターカラーとは、1963年に発足した国際流行色委員会(INTERNATIONAL STUDY 
COMMISSION FOR COLOR)という世界でただひとつの機関が選定する国際間での流行色のことを指す。

「The Breath of Color(色の息吹)」のカラーテーマには、既存のものを改めて見直し、新しい時代の息吹を実感できる年でありたいという強い願いが込められています。
今季の決定色は、クリーン・クール・クリアをキーワードとして、自然を保全するシンボルカラーのグリーンの登場、光の効果を強調したクールなメタルカラーや、濁りのない色調・透明感のある色が選定されます。

国際流行色委員会加盟に際しては、各国を代表する営利を目的としない公益的な色彩団体、1団体に
限るという規定があり、日本からは創立当初よりJAFCA(ジャフカ)が代表としてインターカラーに登録されており、そのJAFCAが選定した日本での流行色やその傾向こと。

「Fairness(フェアネス)」=公正な、魅力的なという意味の言葉で、自然災害・政治不安などの激しい環境から身と心を守るような優しい色、地に足が着いた健全な色、濁りのない色が選ばれています。

色の配合、濃淡・強弱などの調子。色の属性。

ペール|グレイッシュ|ライト|ダル|ダーク|ブライト|ストロング|ビビッド

いまだ不透明感の続く市場をみずみずしく照らし出そうというメッセージを込め、ピンク~グリーンまでの色相バリエーションが、気持ちを高揚させるカラーセラピー的存在に。
全般的に軽やかで、素直にきれいと感じられるブライト系カラーが今季の一押しです。