プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成です <カラー・種類・加工・塗装・東京>

日本語 | English English

プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成

デザインルームの特徴

2018年春夏 | 2017年秋冬 |
2017年春夏 | 2016年秋冬 | 2016年春夏 | 2015年秋冬 | 2015年春夏 | 2014年秋冬 | 2014年春夏 | 2013年秋冬 |
2013年春夏 | 2012年秋冬 | 2012年春夏 | 2011年秋冬 | 2011年春夏 | 2010年秋冬 | 2010年春夏 | 2009年秋冬

Ⅰ. フォアセント

1.ゼラニウム
(b2)
2.バラ
(PI-1)
3.サクラ
(p2+)
4.オトメツバキ
(lt22+)
5.ミント
(P14+)

Ⅱ. ラギッド

6.ミネラルウォーター
(p16+)
7.リネンベージュ
(off N-9)
8.ブラウンブレッド
(dk8)
9.オリーブ
(dkg12)
10.ドライレーズン
(dkg20)

Ⅲ. イスラミットテイスト

11.ターメリック
(dp8)
12.セルリアンブルー
(b18)
13.テラコッタ
(d4)
14.ヒスイ
(ltg14)
15.モザイクブルー
(v19)

Ⅳ. フューチャータッチ

16.バーミリオン
(v4)
17.エレクトリックブルー
(v20)
18.エレクトリックイエロー
(v9)
19.ミラーゴールド
(ゴールド色)
20.ミラーシルバー
(シルバー色)

プリント
ページの先頭へ戻る

トレンドカラー情報 Trend color information

インターカラーとは、1963年に発足した国際流行色委員会(INTERNATIONAL STUDY 
COMMISSION FOR COLOR)という世界でただひとつの機関が選定する国際間での流行色のことを指す。

今季のカラーテーマは“変化、動き、出会い”に焦点をあてた「変容」(Transformation)としました。色表現も「何色」と単純に答えることのできない「変化する色」が求められています。変化を意図的に創りだそう、そういう技術を色々と試してみようとする過程で表れる予想外の色との遭遇、不協和音を楽しもうという意味も込められています。

国際流行色委員会加盟に際しては、各国を代表する営利を目的としない公益的な色彩団体、1団体に
限るという規定があり、日本からは創立当初よりJAFCA(ジャフカ)が代表としてインターカラーに登録されており、そのJAFCAが選定した日本での流行色やその傾向こと。

今季の全体テーマは探究する、追求するという意味を持つ「Quest」としました。不安定な世の中で現実感は依然として欠かすことのできないキーワードですが、2014年春夏には何かしら新鮮な切り口を持った色や、停滞したムードにリフレッシュ感を与える色が求められています。

「ネクストネイチャー」というイメージのもと、自然と人工の融合を図るカラーが注目されています。その中でも味わい深いグレイッシュカラーが重要な存在となっています。 グレイッシュをベースに花の香りをイメージしたパステルカラーから未来をイメージさせる人口的なゴールド、シルバーを選色しました。