プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成です <カラー・種類・加工・塗装・東京>

日本語 | English English

プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成

デザインルームの特徴

2018年秋冬 | 2018年春夏 | 2017年秋冬 |
2017年春夏 | 2016年秋冬 | 2016年春夏 | 2015年秋冬 | 2015年春夏 | 2014年秋冬 | 2014年春夏 | 2013年秋冬 |
2013年春夏 | 2012年秋冬 | 2012年春夏 | 2011年秋冬 | 2011年春夏 | 2010年秋冬 | 2010年春夏 | 2009年秋冬

Ⅰ. グレイスオブグレー

1.マルサラ
(dp24)
2.モーブ
(d20)
3.スカイグレー
(Off-N-12)
4.フォーリエイジグリーン
(g10)
5.グリーンシャドウ
(dkg12)

Ⅱ. フロートオブライト

6.エージアンブルー
(lt14+)
7.サーモンピンク
(lt2+)
8.ホワイトリリー
(P10+)
9.シャルトルーズ
(b10)
10.グレイッシュブルー
(P18+)

Ⅲ. フリックオブファン

11.ウルトラマリン
(v19)
12.パロットグリーン
(v12)
13.スカーレット
(v2)
14.イエローキャブ
(v7)
15.ペールブルー
(b16)

Ⅳ. スティルライフ

16.シナモンブラウン
(d6)
17.ダークグリニッシュグレー
(g18)
18.サハラ
(FL-6)
19.トゥイッグブラウン
(dkg6)
20.ダークブラウン
(dkg22)

プリント
ページの先頭へ戻る

トレンドカラー情報 Trend color information

インターカラーとは、1963年に発足した国際流行色委員会(INTERNATIONAL STUDY 
COMMISSION FOR COLOR)という世界でただひとつの機関が選定する国際間での流行色のことを指す。

テーマは、NewとHumanityをかけた「NUMANITY-Simplify the Chaos」です。
このテーマには「この混沌とした世の中にあって資源をシェアし、互いに協力して、新しい時代を築く。その為の新しいエチケットが必要だ。」という意味が込められています。カラーの特徴としては、光を感じさせる色使いと木、石等の身の回りにあって手で触れることのできる色が今季の軸となっています。

国際流行色委員会加盟に際しては、各国を代表する営利を目的としない公益的な色彩団体、1団体に
限るという規定があり、日本からは創立当初よりJAFCA(ジャフカ)が代表としてインターカラーに登録されており、そのJAFCAが選定した日本での流行色やその傾向こと。

テーマを「Respective」とし、多様性が求められる時代にそれぞれの在り様を認め、それぞれの個性を喜び合おうという気持ちを表しています。消費者が自分らしい色使いをできるような余白を残したデザインが求められる中で、使いやすく、飽きの来ない色域が選ばれています。今季は知性と成熟した落ち着き、セクシーな女性をイメージさせる色が鍵で、グレイッシュカラーとダークカラーが軸になっています。

今季一番注目を集めているのはマルサラカラーです。ファッションだけでなく、インテリア、自動車業界でも使いやすい色と言われています。全体的にはグレイッシュカラーをベースにして、コントラスト感を生み出す光を感じさせる色や、五感を刺激する色も選ばれています。