プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成です <カラー・種類・加工・塗装・東京>

日本語 | English English

プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成

デザインルームの特徴

2018年秋冬 | 2018年春夏 | 2017年秋冬 |
2017年春夏 | 2016年秋冬 | 2016年春夏 | 2015年秋冬 | 2015年春夏 | 2014年秋冬 | 2014年春夏 | 2013年秋冬 |
2013年春夏 | 2012年秋冬 | 2012年春夏 | 2011年秋冬 | 2011年春夏 | 2010年秋冬 | 2010年春夏 | 2009年秋冬

Ⅰ. エナジー

1.クロレラグリーン
(dp12)
2.グリーンパパイヤ
(V11)
3.マスカットグリーン
(lt10+)
4.セントオブグラス
(lt12+)
5.ハーブグレー
(g10)

Ⅱ. ソフィア

6.パールホワイト
(W)
7.フィルタリングイエロー
(lt8+)
8.ペールベージュ
(off-N 8)
9.ライトレディッシュブラウン
(PI10)
10.ミスティーパープル
(lt22+)

Ⅲ. ストロング

11.ディープピンク
(PI8)
12.ラベンダーパープル
(V20)
13.グレイッシュブルー
(dp18)
14.ストロングイエロー
(dp8)
15.ダークレッド
(dk4)

Ⅳ. オフフォーカス

16.アッシュブロンド
(off N-11)
17.アーガーウッド
(off N-14)
18.ブラッシュドシルバー
(メタリック色)
19.ミディアムグレー
(Gy-3.5)
20.ブラック
(BK)

プリント
ページの先頭へ戻る

トレンドカラー情報 Trend color information

インターカラーとは、1963年に発足した国際流行色委員会(INTERNATIONAL STUDY 
COMMISSION FOR COLOR)という世界でただひとつの機関が選定する国際間での流行色のことを指す。

「DIALOGUES-会話」をテーマとし、色と色の会話、組み合わせを重要視したカラーが選ばれています。色と色とを組み合わせることによって新しい表現を楽しめるカラーを基調とし、特に蒸気のような質感を持つ色が今季の注目色とされています。

国際流行色委員会加盟に際しては、各国を代表する営利を目的としない公益的な色彩団体、1団体に
限るという規定があり、日本からは創立当初よりJAFCA(ジャフカ)が代表としてインターカラーに登録されており、そのJAFCAが選定した日本での流行色やその傾向こと。

テーマを「SENSORIAL-感覚」とし、トレンドの方向性を明確にする為のカラーが選ばれています。特に今季はグリーン系のカラーを注目色とし、柔らかいキラキラしたライトカラーや、大人っぽさを感じさせるピンク系、青紫系にアクセントや調和の為に多く活用されています。

例年になく、大きく注目されているカラーはグリーンです。グリーンは自然を象徴する色とされ、生命にかかせない色と言われています。これまでは強さや、コントラスト、シャープさを主張していましたが、今季は優しさ、新鮮さ、ナチュラル感を表現するカラーが選ばれています。
また蒸気に色がついたような全体的に白っぽい感じの色も「調和」を表現する色として選ばれています。