プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成です <カラー・種類・加工・塗装・東京>

日本語 | English English

プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成

デザインルームの特徴

2019年春夏 | 2018年秋冬 | 2018年春夏 | 2017年秋冬 |
2017年春夏 | 2016年秋冬 | 2016年春夏 | 2015年秋冬 | 2015年春夏 | 2014年秋冬 | 2014年春夏 | 2013年秋冬 |
2013年春夏 | 2012年秋冬 | 2012年春夏 | 2011年秋冬 | 2011年春夏 | 2010年秋冬 | 2010年春夏 | 2009年秋冬

Ⅰ. エンブレーシング

1.アンティークホワイト
(#FFFAF7)
2.ダスティーピンク
(#ECD5CC)
3.ピンキッシュグレー
(#C4AEB5)
4.シメント
(#C4AE8C)
5.フォググレー
(#91949E)

Ⅱ. デイリーライフ

6.セイジグリーン
(#858C33)
7.ウィローグリーン
(#D7D282)
8.スモーキーリーフ
(#9EA47A)
9.シーシェル
(#ECE2CE)
10.シャンパン
(#ECE2B0)

Ⅲ. エンターテイメント

11.ハワイアンライジング
(#189184)
12.アップルグリーン
(#B2E492)
13.イングリッシュレッド
(#F5C48F)
14.カーディナルレッド
(#CC2B3D)
15.オレンジレッド
(#E31337)

Ⅳ. アビス

16.カバートブラウン
(#4B5427)
17.バーントアンバー
(#634C3E)
18.サンフラワー
(#EAD800)
19.ディープインディゴ
(#222C50)
20.タキシードブラック
(#000020)

プリント
ページの先頭へ戻る

トレンドカラー情報 Trend color information

インターカラーとは、1963年に発足した国際流行色委員会(INTERNATIONAL STUDY 
COMMISSION FOR COLOR)という世界でただひとつの機関が選定する国際間での流行色のことを指す。

今季のインターカラーは色と周囲との関連、色と意味との関連。彩色される素材・表皮、形との関連、色と色との関連等、互いの関連性に着目しています。
今季選定された色は全体的に明度、彩度ともに高めです。
ただし、黒だけで選定されたグループもあり、黒を基調、或いは差し色に黒を効かせる活用に注目が集まりそうです。

国際流行色委員会加盟に際しては、各国を代表する営利を目的としない公益的な色彩団体、1団体に
限るという規定があり、日本からは創立当初よりJAFCA(ジャフカ)が代表としてインターカラーに登録されており、そのJAFCAが選定した日本での流行色やその傾向こと。

テーマは「Multi-Polarity」/多極性です。強いオリジナリティー=極性とし、極性を持つものたちが共存する様、多極性という造語で表されました。今季のカラーは各々の極性が主張し、また互いの魅力を引き立て合うような構成になっています。またこちらでも黒が注目されており、黒の持つ終末感や不気味さよりも、最先端素材へ期待をこめた超モダンなイメージとして活用されるようです。

今季も引き続きグレイッシュな色が多く選定され、全体的にくすんだ色味になっていますが、黒の存在感が大きいのが特徴的です。 また、遠くから見ると一色にしか見えないものが、近くで見ると数色から成り立ったものだとわかる、「併置混色」という色の使い方も注目されています。