プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成です <カラー・種類・加工・塗装・東京>

日本語 | English English

プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成

デザインルームの特徴

2019年春夏 | 2018年秋冬 | 2018年春夏 | 2017年秋冬 |
2017年春夏 | 2016年秋冬 | 2016年春夏 | 2015年秋冬 | 2015年春夏 | 2014年秋冬 | 2014年春夏 | 2013年秋冬 |
2013年春夏 | 2012年秋冬 | 2012年春夏 | 2011年秋冬 | 2011年春夏 | 2010年秋冬 | 2010年春夏 | 2009年秋冬

Ⅰ. フォーカス

1.クリアホワイト
(#FFFFFF)
2.ユニコーン
(#F4F5F5)
3.リネンホワイト
(#F0EECB)
4.ブルーグレー
(#B0C7A5)
5.グレージュ
(#D1D1AE)

Ⅱ. ビオトピアン

6.コルク
(#CCAA53)
7.ココナッツブラウン
(#B67840)
8.セピア
(#7C5C0B)
9.モスグリーン
(#AFB852)
10.スモーキーベージュ
(#D8B378)

Ⅲ. ワンダーメント

11.ピマンルージュ
(#E37B10)
12.アズライト
(#51C2BA)
13.ゴールデンイエロー
(#EBE712)
14.メキシコオレンジ
(#F2B600)
15.ベビーピンク
(#FAD1B9)

Ⅳ. アクトレス

16.クロムグリーン
(#0B714A)
17.ワインレッド
(#A33033)
18.ランプブラック
(#282828)
19.デニム
(#163666)
20.ルビーレッド
(#B61768)

プリント
ページの先頭へ戻る

トレンドカラー情報 Trend color information

インターカラーとは、1963年に発足した国際流行色委員会(INTERNATIONAL STUDY 
COMMISSION FOR COLOR)という世界でただひとつの機関が選定する国際間での流行色のことを指す。

混沌として複雑になった世の中で、多様なものすべてを包み込み、違いを楽しもうという意図を込めて、「Embracing Diversity」を今回のテーマに掲げています。 カラーの傾向としては、昨年から引き続き白が重要となり、「自然」「植物」「食物」をイメージするグリーンやオレンジ、落ち着いたダークカラーなどが挙げられます。

国際流行色委員会加盟に際しては、各国を代表する営利を目的としない公益的な色彩団体、1団体に
限るという規定があり、日本からは創立当初よりJAFCA(ジャフカ)が代表としてインターカラーに登録されており、そのJAFCAが選定した日本での流行色やその傾向こと。

今季は、多様な視点からの「新たなライフスタイル提案」と、ファッションの「大人化」により色数が少なくなってきている中で、いかに色の魅力を伝えられるかを意識して選ばれています。無彩色を中心としたベーシックカラーや、大人の落ち着きを思わせるサマーダークだけでなく、はっきりとした明るい色が見られるのが特徴的です。

白やグレーなどの淡い色調や、明るくカラフルな色彩も含まれていますが、全体的には暗めのトーンが多く落ち着いた印象を受けます。また、インテリアなどで最近人気の高い、木肌の素材そのものを思わせるブラウン系や植物のグリーン、それらと相性の良い赤やオレンジといった暖色系も選ばれています。