プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成です <カラー・種類・加工・塗装・東京>

日本語 | English English

プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成

デザインルームの特徴

2018年春夏 | 2017年秋冬 |
2017年春夏 | 2016年秋冬 | 2016年春夏 | 2015年秋冬 | 2015年春夏 | 2014年秋冬 | 2014年春夏 | 2013年秋冬 |
2013年春夏 | 2012年秋冬 | 2012年春夏 | 2011年秋冬 | 2011年春夏 | 2010年秋冬 | 2010年春夏 | 2009年秋冬

Ⅰ. ヴィンテージ

1.ゴールデンオーカー
(#AA7B1C)
2.チロリアングリーン
(#A0B046)
3.ヴィンテージピンク
(#FF8D7A)
4.クリームイエロー
(#FFFF99)
5.アプリコット
(#FFAE2F)

Ⅱ. ホライゾン

6.アクエリアス
(#7C9089)
7.ホライゾンブルー
(#DCC5FF)
8.ウィステリア
(#A1A0FF)
9.コーヒー
(#8A5C2E)
10.エイプリルミスト
(#A3DAC8)

Ⅲ. ナイトヴィジョン

11.ストロングブルー
(#0060A8)
12.ナイトスカイ
(#210052)
13.アメジスト
(#44153B)
14.オリーブグリーン
(#4C5C29)
15.オリーブグレー
(#BAC2A4)

Ⅳ. フリーラディカル

16.カッパーレッド
(#FF260F)
17.ジールオレンジ
(#FF4500)
18.チェリーピンク
(#FF0066)
19.ブライダルホワイト
(#FFFFFF)
20.トマト
(#FF0000)

プリント
ページの先頭へ戻る

トレンドカラー情報 Trend color information

インターカラーとは、1963年に発足した国際流行色委員会(INTERNATIONAL STUDY 
COMMISSION FOR COLOR)という世界でただひとつの機関が選定する国際間での流行色のことを指す。

今季のテーマは「OMNI-POSSIBLE/可能性に満ちた」です。落ち着いたパステルカラーが多く選ばれているところが、前シーズンとの大きな違いです。また、近年欠かせないサマーダークの色として、夜の風景に見られるような、ブルー系~グリーン系を主体とした寒色系の暗い色調が選ばれています。

国際流行色委員会加盟に際しては、各国を代表する営利を目的としない公益的な色彩団体、1団体に
限るという規定があり、日本からは創立当初よりJAFCA(ジャフカ)が代表としてインターカラーに登録されており、そのJAFCAが選定した日本での流行色やその傾向こと。

今季は全体テーマ名を「FULL OF GRACE」とし、「新しいエレガンス」がキーワードとなっています。全体的に大人っぽい洗練されたカラーが多い中、気持ちを活性化させる色として大胆なビビッドカラーが選ばれています。また、ブルー系が引き続き重要な色として注目されています。

今季は「静けさ」や「夜の幻想」をキーワードとし、それらをイメージしたブルー系、パープル系の色が多く選ばれました。また、春夏ではよくパステルカラーが見られますが、今回はこれらの色も、ヴィンテージな風合いの、落ち着いた色味になっているのが特徴的です。暗い色も多く、季節を問わず、シーズンレスで様々な色が使用されるようになってきています。