プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成です <カラー・種類・加工・塗装・東京>

日本語 | English English

プラスチック用着色剤と新素材開発の会社ならオーケー化成

デザインルームの特徴

2018年秋冬 | 2018年春夏 | 2017年秋冬 |
2017年春夏 | 2016年秋冬 | 2016年春夏 | 2015年秋冬 | 2015年春夏 | 2014年秋冬 | 2014年春夏 | 2013年秋冬 |
2013年春夏 | 2012年秋冬 | 2012年春夏 | 2011年秋冬 | 2011年春夏 | 2010年秋冬 | 2010年春夏 | 2009年秋冬

Ⅰ. ヌーディーカラー

1.パピルス
(#F7EAAD)
2.グレイッシュイエロー
(#C6A64F)
3.ロセット
(#A06617)
4.オペラピンク
(#F57DA9)
5.シュガーピンク
(#C17571)

Ⅱ. プリズム

6.アクアティント
(#B6DFDF)
7.ピーチピンク
(#FCBEAE)
8.スプリンググリーン
(#B2FF34)
9.レモンクリーム
(#F9ED77)
10.ビビットオーロラ
(#D4A1DE)

Ⅲ. ダークカルチャー

11.ターコイズ
(#55A281)
12.スレートグレー
(#3A393C)
13.フューシャピンク
(#9B1445)
14.スチールブルー
(#566B91)
15.ストーングレー
(#474F46)

Ⅳ. ボールド

16.マンダリンオレンジ
(#FF6A00)
17.コバルトガラス
(#2E1E7D)
18.サンイエロー
(#E4ED00)
19.グリッターゴールド
(#744F2C)
20.グリッターシルバー
(#DACFCD)

プリント
ページの先頭へ戻る

トレンドカラー情報 Trend color information

インターカラーとは、1963年に発足した国際流行色委員会(INTERNATIONAL STUDY 
COMMISSION FOR COLOR)という世界でただひとつの機関が選定する国際間での流行色のことを指す。

今季のテーマは「Shaking The World/揺さぶられる世界」です。予想外の出来事に満ちた、ふり幅の大きな変化を畏れるのではなく、変化の過程を楽しむために色を活用したいという意味が込められています。今季のカラーの特徴は、全体的に彩度が高く、ハイコントラストを意図したカラーが多くなっています。

国際流行色委員会加盟に際しては、各国を代表する営利を目的としない公益的な色彩団体、1団体に
限るという規定があり、日本からは創立当初よりJAFCA(ジャフカ)が代表としてインターカラーに登録されており、そのJAFCAが選定した日本での流行色やその傾向こと。

不安に覆われ揺れる世界で、人々の心の拠り所になるようなカラー提案を目指し、全体テーマを「UTOPIA」としています。人々が考える理想郷は様々ですが、その多様性・自由さ・楽しさを、色の力を存分に活用し表したいと考えています。また、変化の波に畏れることなく前を向いて乗っていけるように、感情を高揚させる色が求められています。

今季は、混沌とした世界に立ち向かうような生き生きとしたカラーが多く選ばれています。カラフルなベーシックカラーに加え、光をイメージするようなペールカラーや、殻を打ち破るような大胆な色使いが特徴です。
また、涼しげな印象を持つダークカラーの人気も引き続き継続しています。